未分類

ベッド用香水はどの部位に付けるのが適切ですか??

 

 

「フェロモン香水を使ってみたいけど、どこにつければいいの??」

「付けると効果が上がる部位はあるの?」

 

なんて思う方はいますよね。

 

ここでは、そんな疑問に応えたいと思います^^

 

先に結論を言いますが、

「付ける場所によって匂いの持続が変わります。」

 

つまり、

「フェロモン成分を長時間相手に与えることができる」っという事です。

 

買ってから幻滅しないためにも、以下を読んでくださいね。

フェロモン香水をつける上で、効果的な部位はどこ??

 

フェロモン香水をを付ける部位としては、

 

とにかく体温が高い場所に付けましょう。

 

体温が高い場所とは、

・耳の後ろ

・お腹

・内もも

・脇のあたり

・うなじ

・胸

 

などです。

 

ここのあたりは、血管が多く通っていて、比較的体温が高い場所です。

 

 

「どうして体温が高い場所につけるといいの??」

 

「香水と言うのは、温度が高くなると香りの強さが増すからです」

 

 

香水自体の温度が高まると、匂いの強さが高まるんですよね。

 

一度やってみて、周りの人に聞いてみてはどうでしょうか。

 

体温が高い部位にフェロモン香水をつけるときの注意点!!

 

「体温が高い場所にフェロモン香水をつけると匂いが増す」

 

と記述しました。

 

 

では、そのときの注意点を解説します。

 

それはズバリ、「香水を付け過ぎない」という事です。

 

 

耳の後ろや内ももなどは、匂いを強くさせるので、少量で大丈夫です。

 

ほとんどのフェロモン香水は、匂いの強さが同じくらいです。

 

なので、2プッシュくらいで問題ありません。

 

十分に香ってくれます。

 

 

ちょっとした実験をしました

 

私自身、ちょっとした実験をしたことがあるので、ご紹介しますね。

 

 

その日は、男が大好きな部位である”胸”と”耳の後ろ”にフェロモン香水を2プッシュ付けました。

すると、その日は8時間くらいずーーーっと香りが持続していたんですよね。

 

そして後日、体温が低い場所(手首)にわざと付けました。

そしたら8時間後には匂いが消えてました。

 

 

これが効果の違いです。

 

体温が高い場所と低い場所とでは、天と地の差が生じます。

 

 

ぜひとも、

・耳の後ろ

・お腹

・内もも

・脇のあたり

・うなじ

・胸

などといった体温の高い場所にフェロモン香水をつけてみてください。

 

効果が薄まるのを限りなく0に近づけることができますよ。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA